【割と弾ける方向け】ギターコードの仕組み -マイナーコード編-

前回、【割と弾ける方向け】ギターコードの仕組みという投稿をしたのだが、それを「メジャーコード編」に改題して、今回「マイナーコード編」をお送りしようと思う。

 

 

前回、

基準の音を1として(ルート音という)、そこから3音目(3度という)の音と5音目(5度という)の音を加えたのが3和音のメジャーコード

と書いた。掲載した図がこちら(ルート音がCだった場合)。

 

これが明るい響きを持つメジャーコード。

もうひとつ、同じ3和音でも暗い響きを持つマイナーコードというのがある。

 

違いは何か。

前回の投稿でも少し触れた、

Aなら3番目はC…と行きたい所だけど、実際に弾くとこの場合は暗く感じてしまう。実はAから見たCは2.5音分しか離れてないのだ。

耳にするとピンとくるけどこれがAm(エーマイナー)など小文字のmが付くマイナーコードの事

つまりメジャーコードの3度の音が半音低くなるとマイナーコードになる。

画像はルート音がAの場合。

1つの音が半音違うだけで、明るく聞こえたり暗く聞こえたりするのだから、人間の感覚も不思議なものだなと思う。

 

これをギターのコードフォームに置き換えて考えてみる。

基本的なコードの押さえ方だと、3度の音は(たくさん押さえているように見えて)じつは1ヶ所しか押さえていない。

 

例えばAだとここ。

ここを半音下げて押さえるとマイナー(この場合だとAm[エーマイナー])になる。

 

Bだとここなので

 

Bmはこうなる。

 

コードフォーム自体の情報は、ネット上であふれる程に得られると思うので、前回の投稿同様、もう一歩踏み込んで仕組みを覚えれば、押さえ方を丸暗記せずともパッとコードをその場で導き出せたり、アレンジで別の押さえ方を探したりできるのでオススメ。

 

●参考文献

ギターマガジン1999年10月号「ビートルズがコード進行で用いた10の技法を解明する〜コード理論に対する予備知識〜」

 

ギターマガジン2000年2月号「コード・ブックにさようなら」

 

====================

【山野玲ライブ情報】

2019.2.25(月) 新高円寺CLUB LINER

大上ゆーやさんのライブにギターで参加予定

 

2019.3.22(金) 大塚MEETS

或ル日

Open 18:00 / Start 18:30

Ticket ¥.2,000- & Drink Charge

 

=================

⚫︎或ル日

Twitter: aruhi_no_joukei

Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC7GhRUSEC1msY9wxKXrQmZg

 

或ル日 4曲入りCD「投影する風景」

2018年9月6日からライブ会場にて発売中

 

 

Fournowhere(2018年解散)

音源配信: https://linkco.re/a2BqvueY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です