横山健の特徴的フレーズその1

音楽仲間と話していて、頭に残った事を膨らませてみる。

 

ハイ・スタンダード/Ken Yokoyamaのギタリスト、横山健の特徴的なフレーズ、横山健たらしめているパターンがいくつかある。

僕が10代〜20代(2000年前後)の時に横山健をコピーし漁って、「これ自分のアドリブとか、オリジナル曲に使えるんじゃない?」っていうパターンを1つ紹介したいと思う。

僕の中では「5弦ルートのセーハ・フォームの、薬指で3つ押さえるとこを軸に弾くフレーズ」という長ったらしい名前で呼んでいる。

つまり、ギターを弾く人にはお馴染みの、Fより難関なこの押さえ方。

 

の、この部分を使ったフレーズ。

 

横山健の場合、こう使う事が多い。

 

人差し指で図の中央の濃い青の縦2箇所を同時に押さえて、中指と薬指(もしくは小指)でフレーズを作る。

具体的に曲でいうと、「Stop The Time」のギターソロ冒頭部分。

「Dear My Friends」のギターリフ。

後は2017年に発売されたハイスタのアルバム「The Gift」の1曲目「All Generations」のリフ冒頭などがそう。

ちなみに横山健は曲のキーになっているコードの「薬指で3つ押さえる部分」を使って弾いているので、曲のキーが理解できれば「あれ、どこ押さえるんだっけ?」とならずにすぐに思い出す事が出来る。

 

例えば「Stop The Time」のキーはD。

なので5弦ルートのDはここなので、

この部分を使ってギターソロに入る、と紐づけられる。

 

「Dear My Friends」のキーはB。

5弦ルートだとここ。

なのでリフはここを押さえるんだな、となる。

 

「All Generations」は、キーがStop The Timeと同じDなので押さえるポジションも同じだ。

 

こういう風に覚えると思い出しやすいし、オリジナルとかその場でソロを考える時などに「キーのコードがこれだから、5弦ルートの薬指で押さえるとこを軸にフレーズ考えてみよっかな」みたいな感じで引き出しにしやすい。

 

====================

 

⚫︎アコギ弾き語りユニット「或ル日」やってます。

現在はメンバーの怪我のため活動休止中

Twitter: aruhi_no_joukei

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC7GhRUSEC1msY9wxKXrQmZg

 

⚫︎Fournowhereというバンドで音源配信やってます(2018年に解散)

https://linkco.re/a2BqvueY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です